トップページ > モノテーム

一つのテーマ(モノテーム)に沿って創られた、シングルノートのクラシックフレグランス

イタリア、ヴェネツィアで唯一のフレグランスメーカー、「マヴィヴ」は2000年にファミリーの4代目、ロレンツォ・ヴィダルによって創作された、フレグランス“モノテーム”を発表しました。 

“モノテーム”は、フレグランスに使われる代表的な香料、ポピュラーな花々などをテーマに、良質なエッセンスを用いて、女性も男性も気軽に使えるバラエティー豊かでエレガントなフレグランスラインです。


オードトワレ スプレイ


ミモザ
ミモザ

オードトワレ スプレイ 100ml

女性らしさと新生の象徴として、ミモザの花は魅惑的で陽気な香りを放ちます。
感覚のすべてが驚き酔わされる香りです。
トップノートのネクタリンやベルガモットは、すみれの葉によって繊細で洗練された甘い香りに爽やかさを織り込みます。
ミドルノートは輝くように咲き誇るミモザ。
ミモザの香りは、すべてを包み込むような早春の香り、そして初夏に黄色い花粉が飛び交う爽快さをイメージ。
ラストノートは、サンダルウッドやシダー、ムスクがエレガンスと持続性を与えています。

¥4,104(税込)

チュベローズ
チュベローズ

オードトワレ スプレイ 100ml

チュベローズは、エレガントでフェミニンな女性の美しさを映す香水を創るときに必ず用いられる白い花。
1800年代南仏グラースで香水産業が盛んになったころは、ジャスミン、ローズと共にチュベローズがグラース一帯で栽培されていた。
現在は南米、インドなど各地で栽培されている。

オリジナルで生き生きとして、華やかな、他にはない美しい香りで、どのような場面にもフィットする。

¥4,104(税込)

バーベナ
バーベナ

オードトワレ スプレイ 100ml

アロマセラピーで使われる精油のバーベナは、香水の香料としてもよく使用される。

このフレグランスは、嗅いだ瞬間に、フレッシュでリラックスさせるバーベナの香りを感じる。

¥4,104(税込)

ホワイト ティー
ホワイト ティー

オードトワレ スプレイ 100ml

中国茶の中でも、発酵の度合いが浅い白茶のフレッシュな香り。白茶は古代中国より不老長寿の妙薬として知られています。

¥4,104(税込)

アグルミ ド シチリア
アグルミ ド シチリア

オードトワレ スプレイ 100ml

オレンジブロッサムのフレッシュな春を思わせる香りとタンジェリン、ビターオレンジのさわやかな香り。

¥4,104(税込)

ベチバー バーボン
ベチバー バーボン

オードトワレ スプレイ 100ml

落ち着いた男性的な香り。インド洋の国々が原産地のベチバー乾燥した根から香料を採る、深みのある香り。

¥4,104(税込)

アクア マリーナ
アクア マリーナ

オードトワレ スプレイ 100ml

真っ青な海のイメージ。さわやかなアクアノートとシトラスが出会ったユニークな香り。

¥4,104(税込)

バニラ ブロッサム
バニラ ブロッサム

オードトワレ スプレイ 100ml

このユニークなバニラの香りは、美しくデリケートなオーキッドの花から抽出します。エレガントで女性的な深みのある花の香りのブーケ。

¥4,104(税込)

ホワイト ガーデニア
ホワイト ガーデニア

オードトワレ スプレイ 100ml

ガーデニア(くちなし)のメッセージは隠された愛。いつの時代もそのフェミニンでエレガントな香りは遠い憧れ。

¥4,104(税込)

ホワイト ムスク
ホワイト ムスク

オードトワレ スプレイ 100ml

洗練された現代的な香り。ムスクの香りとシトラス、ベルガモット、マンダリンをブレンドし、フレッシュでデリケートなフレグランスに仕上げた。

¥4,104(税込)

デイジー・デイジー
デイジー・デイジー

オードトワレ スプレイ 100ml

そよ風のひと吹きで虜にされてしまう、はつらつとしたフェミニンな香り。フルーティーなトップにフレッシュグリーンがうまくブレンドされた豊かな香り。

¥4,104(税込)

シクラミノ
シクラミノ

オードトワレ スプレイ 100ml

大自然の森の中に、ひっそりと可憐に咲く小さな野生のシクラメン。その香りは驚くほどユニークで心を揺さぶります。

¥4,104(税込)

マグノリア
マグノリア

オードトワレ スプレイ 100ml

マグノリアによって強調される白い花々のブーケ。高貴で洗練された女性の輝くような美しさそのもの。

¥4,104(税込)

イタリア、ヴェネツィア 唯一の香水メーカー

mavive

mavive(マヴィヴ)はイタリア、ヴェネツィアにおいて110年もの間、香水ビジネスを展開している世界で最も魅力あふれるメーカーの一つ。
初代のアンジェロ・ヴィダルがヴェネツィアの中心街に、ソープ、化粧品、ホームフレグランスの工房をオープンさせたのが始まり。
その後、1950年代にはファミリーの2代目が本格的に香水ビジネスに参入。
1982年に現社長、ファミリーの3代目マッシモ・ヴィダルが歴史的に有名なフレグランスブランド「ピノ・シルヴェスタ」の製造販売を引き継ぎ、後に若い世代に向けて「ポリス」「ジッポ」などのブランドを手がけ、2012年には世界95か国に商品を供給するまでに成長した。
2013年の秋に、18世紀当初の建造物である、ヴェネツィアの美術館≪Palazzo Mocenigo≫の中に歴史的な香水の展示を加えるプロジェクトに参画。
香水の歴史的な資料、香料、当時のレシピなどが展示されており、かつてのヴェネツィアと香水との深いかかわりを観ることができる貴重な場所として、観光スポットにもなっている。
香水のル-ツはフランスと思われがちだが、香料とアルコールを混ぜて香水を創り始めたのはイタリアのヴェニスが発祥の地だといわれている。
10世紀頃、近隣諸国とも商業条約を結び交易を拡大したと共に、イスラム諸国で発明された蒸留技術が進化し、さまざまな香水がイタリアのヴェニスで創られるようになった。
美術館のショップと、サンマルコ広場に近いマヴィヴの直営ストアには、新たに【マーチャントオブヴェニス】という香水ブランドも発売しており、マヴィヴがヴェニス唯一の香水メーカーとして、いままで脈々と受け継がれてきた香水の歴史を継承し、これからも世界に発信し続ける決意の表れでもある。


プライバシーポリシー |  特定商取引 |  ご注文方法 |  サイトマップ |  お問い合わせ