ナポレオンのファミリーに愛された香り

<ランセ1795>は1795年に、当時の当主フランソワ・ランセによって香水産業の発祥の地南仏グラースで、それまでの賦香皮手袋製造業から転業、新しく香水ハウスとしての道を歩み始めた。
<ランセ1795>はナポレオン・ボナパルトに“LE VAINQUEUR(ル・ヴァンカー、フランス語で「征服者」の意)”、その妻、ジョセフィーヌには“JOSEPHINE(ジョセフィーヌ)”を献上。
以降、ナポレオン一族に数々の香水や化粧品を献上したことで有名となった。

フランス以外の海外市場への輸出も開始し始めた1902年、後継者となったアレクサンドル・ランセは香水ビジネスの本拠地をイタリアのミラノへ移し、宝石のように稀少な香りのクリエーションは脈々と受け継がれ、現在、ミラノの本社はミュージアムとして、<ランセ>の歴史的製品や香水ハウスとしてのアーティスティックなオブジェなど数々のアーカイヴが展示されている。

香水ハウスとなって7代目の当主、ジョバンニ・アレクサンドル・モーリス・ランセはファミリーに受け継がれた伝統、選び抜かれた材料、香水へのパッションを抱きながら、常に研究と創作の熱い魂を持ち続けている。
フランスのエレガンスと香水への熟練、そしてイタリアのクラフトマンシップとアート、これら全てを兼ね備えたユニークなメゾンブランド<ランセ1795>は未来を見据え、これからも止まることはない。

オンラインショッピング

ランセの発祥、南仏“グラース”

ランセ一家がグラースで皮手袋製造を営んでいたストリートの名前は“リュー・ランセ”(ランセ通り) ここからランセの歴史はスタートしました。

ランセ ミラノ本社ミュージアム


ランセ “インペリアルシリーズ”1800年代のフォーミュラシートby フランソワ・ランセ


オンラインショッピング
ランセ販売店
阪急うめだ本店2F、阪急メンズ東京1F、阪急メンズ大阪B1F、ジェイアール京都伊勢丹6F、大丸東京店7F、西武池袋本店5F、そごう横浜店5F、名鉄百貨店本店メンズ館1F、銀座和光

  • 取扱いアイテムは店舗により異なります。
プライバシーポリシー |  特定商取引 |  ご注文方法 |  サイトマップ |  お問い合わせ