Les parfums de Rosine

パルファン・ロジーヌ パリ

バラにこだわるメゾン香水ブランド

「パルファン・ロジーヌ パリ(LES PARFUMS DE ROSINE PARIS)」は、1991年マリー・エレーヌ ロジョンによって創立された“バラの香り専門”のメゾン香水ブランドです。
彼女の曽祖父は、ナポレオン3世御用達の化粧品・香水を手がけたルイ・パナフュー。そのためマリー・エレーヌは、幼い頃から高級な香りや美しい香水ビンに触れ、心惹かれていました。やがて彼女は同じ道を歩む決心をし、ジバンシィ、ピエール・バルマンなどで経験を積んだのち独立、1991年パリの中心地パレ・ロワヤルに香水ブティックを開きました。
マリー・エレーヌはパリの郊外ピカルディーに壮大なバラ園を所有し、自ら300本ものバラの手入れをしています。バラの香りは他の花にはない多面性があり、彼女は自らが愛し、魅了され続ける、そのバラの香りの無限の可能性とともに、流行に左右されない、本当のエレガンスを追求したフレグランスを発信しています。

ザ・クラシック

レ・エクストラヴァガン

<レ・エクストラヴァガン>の4つの香りは高級感にあふれ、シンプルだけれど大胆なアプローチ。
性別にとらわれず、男性、女性どちらも魅了し、想像を裏切る大胆で驚くようなローズの香りを提案する次世代に向けたコレクションです。

ハンド&ボディクリーム