NOBILE 1942

ノービレ1942

クラフツマンシップにもとづく、メイドインイタリーの香り

第二次世界大戦最中の1942年、ウンベルト・ノービレがローマで香水ビジネスを始めたのが「ノービレ1942(NOBILE 1942)」の始まり。その後ファミリーである、マッシモとパトリツィオが情熱を受け継ぎ、世界に誇れる“メイド・イン・イタリ―”の魂を胸に、最高品質のフレグランスへのこだわりを持ち続けています。
ノービレのフレグランスは、浸漬、フィルタリング、蒸留といった自然な工程で得た精油が含まれています。こうした製法は完成までに長い時間を要する一方で、出来上がったフレグランスは芳醇で香り高く、力強さと奥行を持つのです。

「イタリアのクラフツマンシップは世界中でのその価値が認められています。我々の使命はその伝統を受け継ぎ、常に使う人に焦点をあてた香り、エレガントな香りを創り、選ぶ人の期待を裏切らないこと。我々はそのことに夢中なのです。」(マッシモ・ノービレ)

フラグランツァスプレマ

シトラスをベースに香りのバリエーションを加えた、デイリーに使えるオードパルファンのシリーズ。

モノテマティック

ひとつのテーマの香りをシンプルに表現。男性でも女性でも使えるシリーズ。